コストコの林檎のフランクは肉汁ジューシーだけどやさしい味!冷凍できる?値段は?

りんごの赤い色と同じパッケージカラーの“林檎のフランク”

別名アップルスモークドフランク。

勝手なイメージで、コストコに販売されている太くて肉肉しいフランクフルトは海外のメーカーのものと思い込んでいましたが買って驚きました。

日本のメーカーさんでした。

静岡県沼津市川瀬町で食肉加工と卸を目的に創業されて食肉類、加工品の製造および販売をされている大きな会社。

これは私一個人の意見ですが、味は日本の製品も海外の製品もどちらも好きで、海外の香辛料いっぱいのスモークばっちりのフランクなんかはお酒と一緒に嗜みたい1品です。

ただ子供の親である私はやっぱり日本の製品の方が安心して子供に食べさせれると感じます。

育ち盛りの子供には安心なものを食べさせたいですからね。

コストコスト21+

コストコと提携し、楽天市場でコストコ商品を専門に扱うお店。楽天ポイントも貯めることができ、楽天ポイントを使うこともできます。楽天会員なら各種ポイントアップデーもお得。

原材料にリンゴ果汁が含まれている

原材料は

豚肉/豚脂肪/でん粉/りんご果汁/食塩/野菜エキス/牛乳/糖類/香辛料/デキストリン/調味料/リン酸塩/酸化防止剤/発色剤

<アレルギー>
小麦 乳 豚肉 りんご

商品名にはりんごのフランクって書いてあるけど、本当にりんごが使われているのかな?と疑っていました。

しかし原材料から分かるようにりんごの果汁がしっかり使われていました。

それに原材料の書く順番は多く使用されている順なので、しっかりりんごの果汁が入っているのがわかりますよね。

フランクフルトにりんごの果汁自体珍しいことですが、野菜のエキスまで入っているのは珍しい。

味に違いがあるのか興味が湧きますね。

結構太めで食べ応え抜群

1パックに4本。そのパックが2つ繋がって8本入り。

全体の重さは720gで、1本あたり90gと結構ずっしりです。

林檎のフランクの価格

価格は998円。

1本あたり125円となります。

割引期間のときは200円OFF798円のときもあります。

この大きさで日本の製品でと考えればコスパが良いと思います。

日本製品のやさしいお味

原材料から分かるようにりんごや野菜などを使用している優しさのあるフランクフルト。

加熱の仕方は袋から取り出し沸騰しな程度のお湯で約5分加熱お湯を捨てて焼く。

いざ実食。

“パリッ”
“ジュワ”

皮は1度茹でてから焼いているのがいいんですかね。

フランクフルトの1番好きなところ、パリッと皮が破れる音を感じ。

肉汁が口の中を染み渡らせる。

うー美味しい!

そして1番に思ったのはやさしい味。

極太のしっかり豚肉が使用されているフランクフルトと言えば、しっかりした香辛料にスモークがしっかり効いている、Theフランクフルトをイメージします。

しかし、これはりんごや野菜を使用されているからか豚肉やりんご、野菜の甘みがしっかり効いていてでもしっかり肉肉しさは感じられる。

スモークの香りはほのかに感じます。

大人も子供も好きな味ではないでしょうか。

やさしい味って例えが1番しっくりきますね。

子供にも安心して食べさせられるなって思います。

林檎のフランクは冷凍できる?

林檎のフランクは冷凍保存ができます。

賞味期限は1ヶ月と長いので、その間に食べきってしまえそうですが、もし賞味期限が過ぎそうなら冷凍保存をしてしまいましょう。

冷凍からの解凍方法は、冷蔵庫に移してゆっくり解凍するか、温度を低くした電子レンジで軽く温めるようにしましょう。

いずれの解凍方法でも焼いたほうがパリッとしておいしいです。

まとめ

このフランクフルトをコストコに売っているホットドックバンズに挟んで、粒マスタードとケチャプでいただきました。

このフランクフルトとパンがばっちり合って美味しい。

ただケチャップをかけるとフランクが甘いからかケチャップの味が勝ってしまう。

肉の甘味は感じるものの、スモークはあまり感じない。

大人にはちょっと物足りないかもしれ無いので粒マスタードは多めに。

ぜひ食べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました