コストコ アメリカンチェリーいつ入荷?価格はどれくらい?冷凍保存もできる

スポンサーリンク

コストコの期間限定商品のひとつにアメリカンチェリーがありますが、年中販売されている赤黒い果実のアメリカンチェリーと黄色と赤が混じった鮮やかな果実「レイニアチェリー」があります。

年中発売されているアメリカンチェリーはシーズンによって産地が異なり、価格の変動があります。

レイニアチェリーは年中販売されているわけではなく、毎年5月下旬~7月ごろに店頭に並びます。

レイニアチェリーは日本のさくらんぼ佐藤錦に近い食感と甘さで好評です。

それぞれおいしいアメリカンチェリーですが、いつ発売されているのか?価格はどれくらい変動するのか?を調べました。

コストコアメリカンチェリーはいつ入荷?

コストコのアメリカンチェリーは、年中発売されている赤黒い果実のアメリカンチェリーと黄色と朱色が混じった鮮やかなレイニアチェリーがあります。

レイニアチェリーは年中店頭に並んでいる商品ではありません。

ではいつごろ店頭に並ぶのかというと毎年5月下旬~7月です。

レイニアチェリーを食べてみたい!という方はその時期にコストコに行ってみてくださいね。

一方赤黒い果実のアメリカンチェリーは年中販売されていますが、時期によって産地が異なります。

毎年同じではないですが、下記のような産地になっていますね。

  • 初夏:カリフォルニア産
  • 夏頃:オレゴン・ワシントン産
  • 冬頃:チリ・ニュージーランド産
スポンサーリンク

コストコアメリカンチェリーの価格は?

レイニアチェリーの価格は、1パック(900g)1,898円(税込)

アメリカンチェリーは1パック(900g)1,998円(税込)となっています。

アメリカンチェリーは収穫時期になると比較的お安いですが、シーズンが終わると2000円を超えた価格になることもあります。

コストコのアメリカンチェリーを狙っているなら、6月~7月がねらい目ですね!

スポンサーリンク

コストコアメリカンチェリーの冷凍保存

コストコのアメリカンチェリーは冷凍保存することができます。

1パックにけっこうな量が入っているので、一度に食べきることができないことも多いので、冷凍保存で長く食べられるようにしましょう。

冷凍保存するときのポイントは、

  • 水気をしっかり切る
  • ヘタを取る
  • できれば種も取る

ことです。

水で洗ったらキッチンペーパーでしっかり水分を拭き取り、ヘタを取ってフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

冷凍したら1ヶ月ほどは保存可能です。

スポンサーリンク

コストコアメリカンチェリーの解凍方法

冷凍したコストコのアメリカンチェリーは自然解凍や水に浸けての解凍、冷凍したまま食べることもできます。

ヨーグルトなどに入れて一緒に食べてもいいですね。

ジャムなどを作る場合は、冷凍すると種が取りづらくなるので、冷凍前に種を取っておいたほうがいいです。

完全に解凍してしまうと少し水っぽくなってしまうので、半解凍で食べるほうがいいです。

スポンサーリンク

まとめ

コストコのアメリカンチェリーは6月が旬なので、果実が大きくプリっとしています。

おいしいと評判の商品のひとつなので、ぜひ旬な時期に食べてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました