コストコ家族カードは別居や住所が違うのでも作れる?名義変更はできる?

コストコ家族カードは、主会員と同じ住所に住んでいる18歳以上の人を対象に1枚作ることができます。

「同じ住所に住んでいる人」なので、苗字が違う義両親やルームメイトであっても、住所が同じことを証明できれば発行することができます。

ですので、たとえ家族だとしても住所が違うと家族カードを発行することができません。

しかし単身赴任などで一時的に別居しているという場合や、離婚して住所が違うことになったということもありますよね。

その場合はどうすればいいのでしょうか?

ここではコストコ家族カードの住所が違う場合について解説します。

コストコスト21+

コストコと提携し、楽天市場でコストコ商品を専門に扱うお店。楽天ポイントも貯めることができ、楽天ポイントを使うこともできます。楽天会員なら各種ポイントアップデーもお得。

コストコ家族カードで住所が違う場合は?

コストコの家族カードは主会員と同じ住所に住んでいる人であれば家族でなくても発行は可能です。

しかし、家族であっても住所が違えば家族カードを発行することができません。

ですので、家族カードを発行する際に主会員と住所が別になっているなら、家族カードを発行することはできません。

ただし、家族カードを発行した後に単身赴任で別居している、離婚して住所が違う場所になった、という場合。

基本的には家族カードの条件にあてはまらなくなりますが、こちらから申告しない限りはコストコに知られることはありません。

ですので、単身赴任のような一時的な別居であれば、そのまま家族カードを使い続けていてもコストコにはわかりません。

ただ、単身赴任先にコストコがなくあまり利用しない、ということであれば、家族カードをよく使う人に名義変更したほうがいいかもしれませんね。

コストコ家族カードで別居したときは?

離婚をして今後も住所が違うとなった場合は、家族カードを変更したほうがいいでしょう。

離婚後も家族カードを使われるのは不便ですからね。

もし離婚後に家族カードを返してもらえないなら、メンバーシップカウンターで事情を説明して名義変更をしてもらいましょう。

コストコ家族カードの名義変更のやり方

コストコ家族カードの名義変更は、新しく家族カードにする人と一緒にコストコに向かいましょう。

その際に今まで使っていた家族カードと新しく家族カードにする人が同じ住所であることの証明が必要になるので、身分証明書も必ず持っていくようにしましょう。

身分証明書は、

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

が利用できます。

顔写真を撮って更新すれば家族カードの名義変更は完了です。

もし今まで使っていた家族カードを紛失してしまった場合は、その旨を伝えればOKです。

まとめ

コストコの家族カードは原則、主会員と同じ住所の18歳以上の人が対象ですが、家族カードの人の住所が変更になったことはこちらから申告しない限りはコストコにはバレません。

しかし、家族カードの人の住所が変更になったのに家族カードを利用しているのは基本的にはNGですので、その点は知っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました