コストコキッチンペーパーが値上がり?2022年の値段は?ホルダーは注意!バウンティと比較!

コストコ独自ブランド「カークランド(KIRKLAND)」のキッチンペーパー(ペーパータオル)は人気商品のひとつで、一回使うともとには戻れない、という声が多数。

もとに戻れないシリーズだとおしりふきもそのひとつですが、人気商品のため在庫ないこともあったりします。

そんな人気のキッチンペーパーですが、一時期値上がりした時期がありましたが、2022年の値段はどうなっているのか気になりますよね。

結論からいえば2022年は極端な値上がりはないようですが、値段の変動はあるようですね。

コストコキッチンペーパーをまた買いたい、買うか迷っているという方にコストコキッチンペーパーについて詳しく解説します。

コストコスト21+

コストコと提携し、楽天市場でコストコ商品を専門に扱うお店。楽天ポイントも貯めることができ、楽天ポイントを使うこともできます。楽天会員なら各種ポイントアップデーもお得。

コストコキッチンペーパー値上がり

コストコキッチンペーパーは値上がりしているときもあれば、値下がりしているときもあるようです。

私が調べた範囲では2021年3月の値段は2,598円(税込)でしたが、2022年5月現在では2,458円(税込)で販売されていました。

2022年のほうが若干値下がっていますね。

これは実はコストコのキッチンペーパーの仕様が変わっており、

  • 商品名に「PREMIUM(プレミアム)」の文字が追加
  • 1ロールのシート数が「160」から「140」へと減少
  • 値段が2,598円(税込)から2,358円(税込)と240円安い

となっているからなんです。

お値段は安くなっていますが1ロール当たりのカット数が減ったので、1シートでみると0.05円ほどの値上がりになっています。

でもこれくらいなら許容範囲内ではないでしょうか。

ただし、店舗やそのときの状況によって値段が変動しているようで、およそ2,300円~3,000円ほどで販売されているようですね。

コストコオンラインでもキッチンペーパーを購入できますが、送料が追加されているので、3,200円~3,700円くらいで販売されています。

コストコキッチンペーパーの在庫は少ない?

人気商品ということとコロナ禍の影響もあり、一時期在庫が少ない状況が続いていたことがありました。

コストコ店舗に行っても在庫がない!ということもしばしば。

2022年現在は、在庫がないという状況はあまりないものの、タイミングによっては品薄になっているときもあります。

また「1家族につき1商品まで」といった購入制限がある店舗もあるようなので、念のためコストコチャットサービスで在庫確認をしてから店舗に向かったほうがいいかもしれません。

コストコキッチンペーパーをバウンティと比較

コストコで販売されているキッチンペーパーは水色パッケージのカークランド「KSキッチンペーパー」と緑色のパッケージの「バウンティ」があります。

それぞれの違いは以下です。

カークランドバウンティ日本製の
キッチンペーパー
値段2,498円(税込)2,658円(税込)約3,000円
ロール数12ロール入り12ロール入り12ロール
シート寸法(1カット)279mm×177mm279mm×149mm225mm×210mm
カット数140カット105カット70カット

バウンティのほうが値段が高く、サイズも少し小さいですね。バウンティは値段が高い分、手触りがよく高級感があります。

コスパ重視ならカークランドのキッチンペーパーのほうがいいですね。

コストコキッチンペーパーのホルダー選び

コストコのキッチンペーパーは海外製なので、日本製のキッチンペーパーより大きいです。

ですので、日本規格に合わせたキッチンペーパーホルダーはハマりません。

いままで日本製のキッチンペーパーをはめていたホルダーは使えなくなる可能性が高いです。

コストコキッチンペーパーの未使用時の直径は約14センチ、中央の穴のサイズは4センチなので、それに合うホルダーを用意しておきましょう。

私は100均で購入した吊り下げ式のキッチンペーパーホルダーでは、コストコのキッチンペーパーが貼らまらなかったので、買い直しました。

コストコキッチンペーパーが収まるホルダーは、以下のものがあります。

こちらはシールで貼り付けるタイプ。貼り付ける場所によっては粘着力が足りないこともあるので、追加で粘着テープを買っておいたほうがいいかもしれません。

こちらは吸盤タイプ。タイル面や冷蔵庫などの平らなところに貼り付けられます。

取り外しができるので、場所を変えるかもしれない可能性があるなら吸盤がいいですね。

食器棚などの底面に設置するタイプ。ちょうどいい場所に戸棚があれば利用できそうですね。

シールで貼り付けるタイプや、吸盤タイプ、吊り下げタイプといろいろあるので、あなたのキッチンで使いやすいタイプのものを選んでみましょう。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました